• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

幼児教育の影響力

文部科学省の定義でも、「生涯にわたる学習の基礎をつくること」や「生きる力の基礎を育成する」、それが幼児教育ともされています。 こどもを持つ親としての責任とも言える、幼児教育。 こどもに必要な、意味のある幼児教育を与えてあげるためには、何ができるのでしょうか? 続きを読む

こどもに必要なもの

幼児教育は、幼稚園・小学校受験などを前提とした早期教育とは異なるものです。
すべてのこどもにとって、幼児教育は、非常に重要なもの。
幼児教育の大切さは、おそらく誰もが感じていることだと思いますが、何となくはそう感じていても、実際に、それを裏付ける理論などをご存知な方は、少ないのではないでしょうか。
最近は、社会的にも晩婚化している傾向にもあり、また、少子化なども社会問題になっていますよね。
知識や理論、情報が先行し、それらを枠組みとしたシステマチックな子育てをしている方も多いかもしれません。
幼児教育と定義されるものには、さまざまなものがありますが、本来の幼児教育は、こどもが体験を通して自ら学んでいくものです。
新しい経験をする度に、こどもの脳は発達していきます。
それぞれの脳の分野によって、司る分野が異なることは、誰もがご存知だと思います。
脳が発達するスピードを見ても、幼児期の方が思春期よりもはるかに速く、たくさんのものを吸収できる力があります。
幼児教育で大切なのは、あらゆるアクティビティや経験を通して、こどもの脳を、バランス良く発達させるお手伝いをしてあげること。
そのためには、両親やまわりの大人たちからのサポート体制が大切になります。
絵本や知育玩具を使った幼児教育など、家庭でも、毎日取り入れているものがほとんどだと思います。
あらためて、幼児教育が与える影響や気をつけたいポイントなど、幼児教育について考えてみましょう。

おすすめリンク

幼児教育にはどんなものがあるの?

幼児教育とは言っても、いろいろな教育がありますよね。 口コミや人伝手に聞いたことはあっても、実際にはどんなものがあるのか、きちんと把握できていないこともあるかと思います。 そして、我が子のために幼児教育を選ぶにあたっても、いろいろ気になる点がありますよね。 続きを読む

知っておきたい幼児教育の大切さ

まず、親として知らなければいけないのは、幼児教育のあり方とその大切さ。 幼児教育のできる教室に通ったりすることも、プラスアルファとしては素晴らしいものですが、家庭や地域での教育もとても大切なものです。 偏りのない教育をするためにも、まわりに目をむけることも重要です。 続きを読む