知っておきたい幼児教育の大切さ

頭でっかちの教育にしないために

いろいろある幼児教育の中でも、最近よく親世代から耳にするのは、英語教育についての必要性。
英語翻訳者などのエキスパートの中では、自分のこどもに幼児教育としての英語教育を取り入れるのではなく、親世代が英語を学ぶべきという意見もあります。
めまぐるしく変化していく現代では、確かに英語力があると便利です。
自分ができないから、苦手だから、こどもには早いうちからやらせよう、などという理由づけで英語教育を取り入れようとしてはいないでしょうか?
また、英語教育以外でも、自分が学べなかったこと、自分ができることを優先的に取り入れようとしている、親御さんが多いように思います。
自分の持つ価値観だけではなく、理性的に考え、本当にこどものためになる幼児教育を取り入れられると良いですよね。

愛情を持った豊かな教育を

幼児教育に力を入れるのは、とても大切です。
しかし、忘れてはいけないのが、親としての愛情を、惜しみなくこどもに注いであげるということ。
遠回しな愛情表現だけではなく、こどもが受け取りやすいように、しっかり愛情を表現してあげましょう。
日本人の両親は、愛情表現が下手と言われているのをご存知ですか?
欧米人のように、文化的に愛情表現のフィジカルなコンタクトが少ない日本は、言語的コミュニケーションも下手と言われています。
そしてまた、仕事に偏ったライフスタイルも、そのコミュニケーションに影響を与えていると言われています。
教材を使ったり、数字を追う「目に見える」教育だけではなく、こどもの心が感じられる「目に見えない」教育こそが、幼児教育には重要です。
わたしたちのワークライフバランスを見直しながら、家族の時間を大切にし、形式にとらわれるのではなく、あたたかい愛情を持って幼児教育をすることを心がけたいですね。